ふるさとの想いを背負って

こんにちは!

今回のブログ担当は、萩原です!

新型コロナウイルスが再流行している中ではありますが、

たくさんの方々の協力のもと、全国都道府県対抗女子駅伝が京都で開催されました。

私は出身地である岡山県チームのふるさと選手として呼んでいただき、5区を走りました。

中学生から社会人までが同じチームで襷を繋ぐこの駅伝は、

たくさんのことを教えてくれる大会であり、「もっと頑張らないと」と私をやる気にさせてくれます。

岩谷産業からは、4人の選手がそれぞれの地元で走ったり、サポートをしたりしました。

いつも一緒に練習をしている仲間が別々のジャージを身につけているのは少し不思議な感じでした。

岡山県は、総合13位という結果で目標の10位以内は達成することが出来ませんでした。

来年は、戦力になれるようにこれから練習に励んでいきたいです。

各チームの代表ジャージを着用して集合写真

左から 安井(愛知県代表)、萩原(岡山県代表:本人)、中野(大阪府代表)、大同(福井県代表)