第66回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会(1日目)

開催日時
場所
ヤンマースタジアム長居
選手名 種目 順位 記録 備考
今田 麻里絵 10000m 19位 33分45秒63 1組8着
大同 美空 10000m 26位 33分54秒59 1組13着
選手名 種目 順位 記録 備考
飯田 怜 Jr3000m 33位 10分00秒13 1組14着
鈴木 純菜 Jr3000m 38位 10分15秒79 1組18着

選手コメント

今田 麻里絵

前年度は参加記録を突破していなかった為、出場することが出来ませんでしたが、今年度は出場することが出来ました。前半は積極的に前の方でレースを進めることが出来ましたが、中盤に何度も離れかけてしまい後方で走る形になってしまいました。しかし、今回は苦しい場面で粘ることができたのも沢山の応援があり走っていてもとても励みになりました。次はマラソン・駅伝に向けて身体作りをしていきたいと思います。社員の皆さんの応援をはじめ力強い声援ありがとうございました。

大同 美空

10000mではレース前に監督から指示が出ていたにも関わらず気持ちの弱さが出てしまいスタートから消極的なレースになってしまい何も得ることが出来ませんでした。10000mに対して不安や苦手意識を走る前から出してしまい不安なままレースに出てしまい反省しています。

飯田 怜

ケガからの復帰戦であまり練習が積めていない中でのレースとなりました。万全な状態で同年代の選手と勝負が出来なくて悔しかったですが、駅伝でしっかり自分の走りができるようにこれから練習を積み重ねていきたいです。夏の走り込みが出来なかった分、駅伝までの1日1日の練習を大事にし、もっと良いパフォーマンスが出来ように備えたいです。私の武器であるスピードにも磨きをかけて試合では自信をもってスタートラインに立てるようにしていきたいです。応援ありがとうございました。

鈴木 純菜

スタート前から3000mに対して不安がありレース展開も前に出ることなく終わってしまいました。アップも良い状態で行うことが出来たのですが、レースで良い動きを活かすことが出来ず消極的なレースをしてしまいました。5000mや10000mの様に積極的なレースをしなければいけないので、練習を誰よりも積んできたので、もっと自信を持って挑まないといけないと思いました。終わってしまったことは変わらないので一カ月後の駅伝で積極的なレースが出来るように練習から変えていかないと思います。3000mのようなスピードお必要だと思いますが、まずは長い距離にも耐えられる身体作りをしていきたいです。今回のレースで多くの反省点が見つかったので、自分の不安な気持ちに負けずに積極的な気持ちを持っていきたいです。たくさんの応援ありがとうございました。

写真